ブログで宣伝しま専科 新製品情報 新発売商品情報 プレスリリースビジネス情報 情報商材企業情報起業情報株式投資情報FX投資

古着倶楽部 古着転売コンサルサポート

2020年06月29日

非接触の体温測定作業から解放、経費月額¥86,250の大幅削減です。コロナの感染拡大を未然に防ぐ 【サーマルカメラ導入事例/幼稚園編】横浜バディスポーツ幼児園




小さなお子さんがいてお仕事もされていたりするお母さんやお父さんは
幼稚園や保育園はとても重要な施設です。
でも、つい最近まで新型コロナウイルスの影響で休園が続ていて大変だったと
思いますが、少し落ち着いてきて登園が再開される幼稚園や保育園があり
一寸だけ嬉しいようです。

でも7、まだ完全な終息ではないのでそれぞれの保育士さんたちは子供さんたちの
感染防止に色々な状態を把握することで必死だと思います。
朝、お家を出るときは熱などなかったのに園についたら発熱が始まるなど無いとは
言いきれませんね。

しかし、沢山の園児を一人一人体温検査することは重労働、非接触の検温器でも
大勢の園児に対応するのは大変です。

非接触の体温測定作業から解放されて月額¥86,250の大幅削減! コロナの感染拡大を未然に防ぐ 【サーマルカメラ導入事例/幼稚園編】横浜バディスポーツ幼児園 様

そんな中、人の体温検測を自動化するサーモグラフィカメラシステムの開発などで有名な
(株)イノベーターが、横浜バディスポーツ幼児園に、子供たちの発熱状況を
早く見つけ、感染症拡大を未然に防ぐことを目的にサーマルカメラの導入しました。

それが、サーモグラフィカメラ(サーマルカメラ)です。
そして、この度その導入でのメリットなど事例インタビューを20202年6月24日(水)に
公開したという事です。

なんといっても素晴らしいのが1秒間で30名程度の園児などの検温できることです。
そして、専用ソフト利用で検温データをすぐにPCに記録する事が出来るので、
保育士さんの負担軽減になり感染リスクの低減や検温効率化が出来るので大変助かると
いう事です。

そして、導入にはやはり経費が必要ですが、今回は公的機関からの助成金が受け取れるので
それを利用すれば経費の削減にもつながります。
こちらの、横浜バディスポーツ幼児園は、なんと五百名近くのの園児を預かる施設で
朝は送迎バスや親御さん、園児たちが非常に多くその中でこれまで沢山の園児一人ひとりを、
被接触式体温計を使って数人の保育士さんが検温を行っていたので、労力と時間を沢山
費やしていましたが、今回のサーモグラフィカメラ導入後、大変な苦労も激減、
保育士さんの体力や精神面、時間的にもゆとり出てきてを園児と向き合う時間が増えるので
ウインウインになりそうでよかったですね。

ドリームニュース・ブログメディア参加記事





★★★★★★★ スポンサードリンク ★★★★★★★

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
posted by ブログで宣伝しま専科 at 15:53 | プレスリリース