ブログで宣伝しま専科 新製品情報 新発売商品情報 プレスリリースビジネス情報 情報商材企業情報起業情報株式投資情報FX投資

古着倶楽部 古着転売コンサルサポート

2017年08月22日

ネットワークカメラなどを広い場所で設置する時の長さが飛躍的に伸びたPoE給電・通信距離最大200m迄可能な4ポートPoE給電ハブの新商品が発売開始されました。



PoE給電・通信距離最大200m迄可能な4ポートPoE給電ハブの新商品(2017年8月1日発売開始)のご紹介です!

お店や事務所、工場などで社員の顧客対応や製品の製造進捗状態、
さらに防犯の為など色々なシーンで利用されるネットワークカメラや
IPカメラ等の設置、利用が多くなっています。

一台だけの設置や複数台設置など必要に応じてカメラ台数を決めたり出来ますが
これまでのネットワークカメラの設置には、PoE給電ハブを利用しています。
しかし、カメラには電気の供給が必要で、これまではLANケーブルをハブに
接続して供給していました。

しかし、多くのPoE給電ハブはLANケーブルの長さが大体100メートル位が限度と
されています。
そこで、お勧めしたいのがこの度発売開始した、PoE給電・通信距離最大200m迄可能な
4ポートPoE給電ハブの新商品です。
今回の新商品200m可能ネットワークカメラPoE給電ハブはLANケーブルは
最大200m(LANケーブル条件有)まで通信・PoE給電が
可能となっているので広い場所でのネットワークカメラも利用が可能になります。
横浜のエレックスシステムから2017年8月1日発売開始されました。

安全対策、業績管理などに利用され得るといいでしょう。


ドリームニュース・ブログメディア参加記事



★★★★★★★ スポンサードリンク ★★★★★★★

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
posted by ブログで宣伝しま専科 at 11:42 | プレスリリース