ブログで宣伝しま専科 新製品情報 新発売商品情報 プレスリリースビジネス情報 情報商材企業情報起業情報株式投資情報FX投資

古着倶楽部 古着転売コンサルサポート

2010年12月13日

入園、入学の記念写真は一杯とって、アルバムにベタベタはり残してください。



年月の過ぎるのは本当に早いもので、自分が始めて
幼稚園に入園したのはもう50年近く前になりますね。
当時は、今のようなケータイ電話のカメラやデジカメ
なんて有りません。

父が、四角い箱の上から覗いて「動くな!」って
命令されて、固まったようにジッと動かずにしている
ところをシャッターを切るという昔のカメラでの撮影
風景でしたね。

その写真はモノクロでしたが、入園の記念写真として、
今でもアルバムの中で少しセピア色に変色していますが
笑顔の小さな自分ともうこの世にいない優しかった母が
一緒に写っていて、見るたびにほんの少しだけ当時の記憶が
思い出として蘇ります。

その数年後には小学校への入学、このときも入学の写真
して、校門の前でやはり母と一緒に笑顔で写っている思い出の
写真は、当時始まったカラー写真になっているんです。

今のデジカメの画素数の高いものと比較するとそれは見るに
耐えませんが、思い出は綺麗なカラーで自分の頭の中にも
保存されています。

父は、写真が大好きで自宅にフィルムなど現像したり印画紙に
焼き付けを行う部屋があり、父以外は立ち入り禁止で当時は
その部屋にこっそり侵入して、色々な機器を見るのが楽しみ
でしたね。

始めての集団生活の幼稚園で今まで知らなかった友達ができ
毎日が楽しくて仕方なかった思い出があります。
小学校ではさrたに多くの生徒が入学して勉強よりもその
沢山の友達と遊ぶことのほうが忙しかった気がします。

そんな、小さい頃の思い出に写真と言うのは、その画質や
ちょっと変色した写真に時代を感じることが出来たり、父や
母のこと、兄弟のことなどいつでも見ることで見事にその当時の
様子を思い起こす事が出来るとても大切なものになりますね。

自分の子供ももう20数年前に幼稚園、小学校と入園入学させて
来ましたが、アルバムには沢山の入学の記念写真などが保存され
今は、側にいませんがアルバムを取り出すと同じように当時の
事が蘇りますね。

ビデオ映像やパソコンへ保存している写真と同じと思いますが
実は、アルバムに貼ってある写真は絶対に違うんです。
それは、何年も経過して、今のような年末、大掃除や片付けもの
などしているとき、ふっと手にしたアルバムをめくったときに
始めて違いが分かるんですね。

後数ヶ月で入園、入学するお子さんをお持ちの親御さん、
是非、写真を一杯写して、アルバムにベタベタ思いっきり貼り付けて
手元にずっと残して置いてくださいね。

何年も先にきっと、目頭を熱くしてくれますよ。






★★★★★★★ スポンサードリンク ★★★★★★★

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
posted by ブログで宣伝しま専科 at 21:59 | 役立つ生活情報